フルカーボンの電動折り畳み自転車?!VELMO Pegasus

こんにちは、まさみです。

今回は、先日試乗させて頂きました電動折り畳み自転車VELMO Pegasusのレビューです。

前回の記事では、可愛らしい見た目のVELMO Q2をご紹介しましたが、Pegasusはまた違った特性を持つ自転車になっています。

Q2との違いなども交えながら、実際に乗ってみてよかった点、気になった点をご紹介していきます!

なお、ブログ読者の皆様に販売元のAventulifeさんより特別ご購入特典を頂いております。

公式オンラインショップからご購入の際に、クーポンコード「masami-special-coupon」を入力して頂くと、1000円引きの特別特典が受けられます。

VELMO公式

VELMOの基本情報と、AventulifeさんについてはQ2レビューの記事に記載しておりますので、こちらも併せてご覧ください😊

試乗の様子をYouTubeの動画でも公開しました!

VELMO Pegasusスペック

  • フルカーボンフレーム
  • 油圧式ディスクブレーキ
  • フロントシングル、リア9段編成
  • 重量14.8kgは業界最軽量クラス
  • フロントライト、フェンダー、スタンド付属

VELMO Q2がアルミフレームだったのに対し、こちらはなんとフルカーボンフレームです!

スタイリッシュな見た目のVELMO Pegasus

そのため重量もQ2より更に軽量の14.8kgとなっています。

ブレーキが機械式から油圧式になっており、制動力もアップ!

こんな人におすすめ

自転車を趣味として楽しみたいし、輪行したり長距離も走ってみたい、でも体力にはちょっと自信がない・・・

そんな人にはVELMO Pegasusがおすすめです。

電動自転車として十分に走行をアシストしてくれますが、アシスト力はQ2や一般的な電動自転車に比べると弱めに設定されているので、自分で自転車に乗っている感覚も味わうことができる不思議な乗り味。

通勤や通学、近所のお買い物といった移動手段としてだけでなく、趣味の自転車としても十分に楽しめるのがPegasusです。

実際に乗ってみた感想

Aventulifeさんの西日暮里BASEから片道約5kmの荒サイへ、行きはQ2、帰りはPegasusに乗ってみました。

試乗したのはグレー。セミマットなカラーリングがかっこいい

よかったところ

アシスト力が丁度いい

前述の通りVELMO PegasusはQ2に比べてアシスト力が弱め。

特徴をご説明頂いたAventulifeの岡田さんによると、Pegasusのアシストレベル5(最大)がQ2のレベル3程度だそうです。

好みの分かれる部分かもしれませんが、個人的にはこのくらいのアシスト力が丁度よかったです。

発進時もアシストを感じるものの、Q2のように後ろからグググっと押されるような感覚はしませんでしたね。

それもあって、電動アシストでありながら自分で自転車に乗っているという走行感を楽しめます。

Q2同様、坂道や向かい風は全然気にせずスイスイ進めますよ。

私はアシストレベル3が丁度いいかな〜と感じましたが、ある程度距離を走って疲れてきたらアシストレベルを上げれば長距離も楽々ですね。

試乗当日お世話になったAventulifeの岡田さん(右)

スタイリッシュな見た目

VELMOシリーズは一見すると電動自転車には全く見えないスタイリッシュさが大きな特徴です。

Pegasusはカーボン素材も相まって、Q2よりも更にスッキリ。

カラーも、試乗させて頂いたセミマットグレーの他、クール度マックスなマットブラック、ポップなオレンジ、ビアンキを彷彿とさせるブルー、可愛らしいパステルグリーンの豊富な5色展開です。

言われなければ電動だとは誰も思わないんじゃないかなぁ🤔

電動には全然見えない。

バッテリーはQ2同様シートポスト内蔵ですが、こちらは軽量化重視のため盗難防止ロックはついていません。

用途を考えると、街中の駐輪場に停めるというよりは出かけた先の店先(見える範囲)に停めるような、ロードバイクに近いパターンが想定されるので、そんなに気にしなくてもいい気がします。

やっぱり油圧ディスクブレーキの制動力はすごい!

ロードバイクでも普段から油圧ディスクに乗り慣れている身としては、やっぱり安心感がありますね。

Q2の機械式ディスクブレーキもちゃんと効くし、街中走行であれば十分だと思います。

でも、やっぱり油圧式の方が握りが軽いし、制動力も高いです。

趣味として自転車を楽しむという用途を想定すると、長距離走行やちょっとした峠の走行も考えられるので、油圧ディスクブレーキの制動力は強い味方になるんじゃないでしょうか。

電動自転車とは思えない重量

Q2もよく街中で見かけるいわゆる普通の電動自転車と比べて軽量でしたが、Pegasusは更にそれを上回る14.8kgを実現。

やっぱりロードバイクに比べれば重いけど、バッテリーを積んでこの重量は驚異的。

Q2は折り畳み自転車として持ち運ぶには重すぎると思いましたが、14.8kgならなんとかいけそう。

参考までにオルトレを飛行機輪行した時の重量が、洋服なども輪行袋に入れた状態で18kg程度だったので、輪行も現実的な重量ではないでしょうか。

大きさ的には当然ロードバイクの輪行よりも小さくなるので、電車などで占有するスペースも小さくて済みますね。

それに、仮に走行中に充電が切れてしまっても、この重量なら自力でも普通に走れそう。

折り畳むとこんな感じ。

購入後のサポートが手厚い

油圧ディスクブレーキは軽い力で大きな制動力が得られるメリットがある反面、メンテナンスが面倒くさいんですよね・・・

ブレーキパッド、ローター、それにオイルも定期的な交換が必要です。

でも大丈夫!VELMO公式オンラインショップから購入すれば、Aventulifeさんの出張修理サポートを受けられるんです!

ただ、残念ながら私が住んでいるさいたま市はサポート範囲外😭

そんな場合は、なんと!近くの自転車屋さんで修理を受けた費用をバックしてくれるサービスもあるようです。

これは親切すぎる💕

気になったところ

折り畳むのがちょっと大変

フレームの中心を折り畳むのがかなり硬い・・・

写真のように、まずはフレームの中心にある留め金を外して折り畳むのですが、これが結構硬い。

私はここを折り畳むだけで数分かかってしまいました💦

とはいえ夫は結構簡単に折り曲げていたので、コツを掴めば大したことはないのかも?

それ以外はハンドルを折り畳むのも、サドルを下げるのも、とっても簡単でした。

カスタムできない

街乗り、移動メインのQ2とは違い、Pegasusは趣味として楽しめる自転車。

となると、自分のお気に入りパーツをつけてカスタムしたい!と思う方もいますよね?

しかし残念ながらVELMO Pegasusはカスタム不可なんです。

なぜなら、この自転車は販売時の姿で「型式認証」を取得しているからなんです。

自動車や家電と同じ認証で、それだけ安全性が高いということでもありますね。

こちらが型式認証表示

まとめ

よかったところ気になったところ
アシスト力が丁度いい折り畳むのがちょっと大変
電動に見えないスタイリッシュな見た目カスタムできない
電動とは思えないくらい軽い
購入後のサポートが手厚い

個人的にはPegasusの乗り味がとても好きで、本気で欲しくなりました!

週末車に積んで行って、ロードバイクでは躊躇してしまうような激坂に挑んだりしてみたいですね。笑

試乗させて頂いた時間は2時間くらいだっと思いますが、本当に楽しかったです。

ロードバイクでも、向かい風の荒サイをあんなに楽々走れるようになりたいものです・・・

今回ご紹介したVELMO Pegasusは、Aventulifeさんのホームページからご予約の上試乗が可能です。

試乗では物足りない、もっと長時間乗ってみたい!という方は、3000円/日でレンタルすることもできますよ。

気になった方は是非Aventulifeさんのホームページをチェックしてみて下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA